TOP >ART

CHET BAKER キャンバス

販売価格 20,000円(内税)
購入数

CHET BAKER A3サイズ(29.7cm×42cm)木製コンパネにネイビー生地張り。 2016年に金沢cajonにて開催した JAZZ STENCILISM 展示作品です。 チェット・ベイカー(Chet Baker、本名Chesney Henry Baker Jr.、1929年12月23日 - 1988年5月13日)は、ジャズミュージシャン。ウエストコースト・ジャズの代表的トランペット奏者であり、ヴォーカリストでもある。その中性的なヴォーカルも人気があり、1954年にレコーディングされた『チェット・ベイカー・シングス』に収録の「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」はチェットの代表曲の1つであり、同楽曲の代表的カヴァーの1つでもある。このチェットの歌い方にジョアン・ジルベルトが影響され、ボサノヴァ誕生の一因となったと言われている。1950年代半ばにおいては時代の寵児とも目され、マイルス・デイヴィスをも凌ぐ人気を誇っていたが[1]、1950年代後半から1960年代にかけてヘロインに耽溺し、ドラッグ絡みのトラブルを頻繁に起こす。米国や公演先のイタリアなど複数の国で逮捕され、短期間であるが服役もしている。1970年にはドラッグが原因の喧嘩で前歯を折られ、演奏活動の休業を余儀なくされた。1973年にはディジー・ガレスピーの尽力により復活を果たし、1975年頃より活動拠点を主にヨーロッパに移した。1988年5月13日、オランダアムステルダムのホテルの窓から転落死。ドキュメンタリー映画「Let's Get Lost」は彼の死後まもなく封切られ、アカデミー賞ドキュメンタリー部門にノミネートされた。

Your recent history

About the owner

Rebelman★Armyシューへー

越中型抜き師。 2002年よりステンシル創作開始。 70年代パンクやレゲエなどのレベルミュージック(反逆の音楽)、そして世界のストリートに溢れるグラフィティの数々から受けた影響やイメージをステンシルで創作。 ステンシル(型抜き染め)元々は日本発祥の技術であり、シルクスクリーンの祖。 近年は、音楽やグラフィティのイメージに加え、日本人としてのルーツである、和のイメージも混合構築しています。 全国各地の野外フェスやクラブイベントなどでのライブペイントや作品個展も開催。 作業場兼店舗”WORK&SHOP”は越中富山にあります。週末不定期で解放中。

Blog